〜知るほどに物語ありて〜北の九州

山々と川が育てる豊かな魚種と天然もの

灘の幸の味わい

波穏やかで遠浅の豊前海から、流れの速い関門海峡を抜ければ、そこは白砂青松の海岸線が続く筑前海が広がります。
周防灘、響灘と玄界灘という特色がある3つの灘の幸。
北の九州には、内海と外海の両方の旬を楽しめる贅沢があります。

行橋市カキ

灘の幸

ひとつひとつ手磨き 豊前海一粒かき

殻付きの活きたままで全国へと届けられる鮮度抜群の「豊前海一粒かき」。身は殻いっぱいに大粒で、濃厚な味わいです。

灘の幸

極上の白身、天然鯛

周防灘、響灘、玄界灘の3つの灘は、天然鯛の良好な漁場です。この恵まれた環境で育った天然鯛は、灘の幸の豊かさを物語る、極上の白身です。

灘の幸

一本一本漁師が釣った「一本槍」

玄界灘、響灘の荒波育ちの身は透明で、コリコリとした歯ごたえの後に甘味が広がります。

灘の幸

脂が美味しいサワラ

秋口からの寒ザワラは脂がのって、中トロに匹敵するともいわれる美味しさです。

灘の幸

筑前海の貴重な美味ウニ

筑前海で獲れるムラサキウニ、アカウニ、バフンウニの3種類の中でもアカウニは九州外に出回ることのない高級品です。

灘の幸

海士漁今なお健在アワビやサザエ

海藻の豊富な筑前海では、刺身・ステーキでまるごと贅沢に頂くアワビや、刺身・壺焼きで頂くサザエが育ちます。

灘の幸

激流の美味関門海峡たこ

太く身が締まって弾力はあれども軟らかく、かめばかむほど旨味があるマダコです。